2番・松本、暴投の隙逃さぬ好走塁 「監督の期待に応えれた」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―聖心ウルスラ】5回裏聖光学院2死三塁、暴投で勝ち越しのホームを踏む三走松本

 聖光学院の2番松本聖也(3年)が2安打、1盗塁の活躍で好機を演出した。左前打で出塁した5回は暴投の隙を突く好走で勝ち越しの本塁を踏み、「監督の期待に応えることができた」と声を弾ませた。

 聖心ウルスラのエース戸郷翔征(2年)が投げ込む外角低めを捉えた。「試合前から狙っていた」という球種だった。左打者に対して直球とチェンジアップを多用する戸郷を打ち崩し、主導権を奪い返すきっかけをつくった。次戦も与えられた役割に徹するつもりだ。「大きな当たりは狙わずに打席に立つ。挑戦者として臨む」と意気込んだ。

 2年生・矢吹、配球読み一撃

 聖光学院唯一の2年生メンバーの1番矢吹栄希(はるき)(2年)のバットが4回、火を噴いた。2死三塁で迎えた打席の初球だった。外角高めの直球をたたき、中前へ。貴重な同点打となった。

 甲子園1回戦の映像などを見て、聖心ウルスラのバッテリーが組み立てる配球を研究していた。「初球に直球を使ってくることが多い。この場面なら直球を投げてくるはず。自分が返すしかない」。逃せない好機で殊勲の一打を放った。

 打撃センスの高さを買われ、メンバー入りした。持ち味は物おじしない性格と大胆なスイングだ。この夏の目標は「全国の頂点」。3年生と共に夏の栄冠を目指している。だからこそ、人一倍喜びは大きかった。「先輩がつないでくれたチャンス。『ナイスバッティング』と言われてうれしかった」と笑った。「先輩たちと一緒に日本一になる」と力を込めた。

 【8月16日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る