聖光学院ナイン、強豪・広陵戦『闘志』 打撃練習で鋭い当たり

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
打撃を中心に練習をする選手たち=17日、大阪府高槻市・高槻萩谷総合公園野球場

 聖光学院は17日、大阪府高槻市の高槻萩谷総合公園野球場で練習を行った。強豪との対戦を見据え、ナインは集中して練習に励んだ。

 野手陣は打撃投手1人、マシン2台を相手にフリー打撃に臨んだ。左投手を想定した投球マシン相手に、ナインは鋭い当たりを次々と打ち返した。投手陣はブルペンで投球練習に臨んだ。

 練習中に対戦相手が決まり、仁平勇汰主将(3年)は「(広陵は)数々の優勝候補を倒していて力がある」と評価。その上で「プロ注目の選手がいても、同じ高校生だから関係ない。全力で戦うだけ」と闘志を燃やした。

 佐藤隆、打撃練習に『熱』

 1、2回戦とも守備固めで起用された佐藤隆平(3年)だが、つなぎの打撃が持ち味で、福島大会6試合で打率4割5分5厘を記録した。17日の練習では3回戦を見据え打撃練習で快音を響かせた。

 スピードを通常より速く設定した投球マシンの直球と変化球を打ち込んだ佐藤は「最初はタイミングが取れずにいたが、終盤だんだん対応できるようになった」と相手のエース左腕攻略に自信をのぞかせた。

 甲子園に来てから疲れはなく、平常心で練習に臨めているという。「(広陵は)今までとは強さが違う。相手にのまれないように強い気持ちを持って試合に臨みたい」と意気込んだ。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る