エース・斎藤「入るな」...願い届かず 渾身の一球も本塁打に涙

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―広陵】9回表、広陵・中村(左)に勝ち越しの2ランを浴びた聖光学院の斎藤=甲子園球場

 同点で迎えた9回表無死一塁、相手打者を2ストライクと追い込んだ3球目だった。快音が響き、聖光学院のエース斎藤郁也(ふみや)(3年)は打球を目で追った。「入らないでくれ」。しかし願いは届かなかった。

 「嫌な空気だ」と感じていた。先頭打者の出塁を許すと、拍手が湧き起こり、球場は異様な雰囲気に包まれていた。拍手が向けられた先は次の打者で、プロ注目の中村奨成(同)。前の打席では同点適時打を許していた。

 まずは変化球を2球続け、2ストライク。次に捕手の佐藤晃一(同)が出したサインは高めの直球「誘い球」だった。高めを見せてから、次に低めの変化球で打ち取る考えだ。斎藤も首を縦に振る。中村が高めの球は得意ではないというデータも頭にあった。斎藤は渾身(こんしん)の一球を投じた。

 「ベストボールだった」と斎藤は振り返る。失投ではない。球は佐藤がミットを構えた位置に向かっていた。しかし次の瞬間には打球が左翼席に吸い込まれ、大歓声に包まれる甲子園の中心で斎藤は天を仰いだ。

 それ以降は気持ちを切り替えられなかった。続く打者3人を何とか打ち取ったが、打線は三者凡退で試合終了。斎藤は崩れ落ち、斎藤智也監督らに支えられて歩くのがやっとだった。

 試合後、涙を流しながら自責の念が口をついて出たが、少し落ち着いた時に仲間への感謝の思いがこぼれた。「今まで苦しいこと、つらいことがあったが、このチームで日本一を目指せて良かった」。目標こそ果たせなかったが、最高の仲間を得た。

 【8月19日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦