矢吹、感謝の勝ち越し適時打 憧れの先輩・小泉の支えに応えた

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―広陵】5回裏聖光学院1死二、三塁、矢吹が2点適時打を放つ

 自分を育ててくれた、大好きな3年生と目指した日本一への挑戦が終わった。5回に一時勝ち越しとなる2点適時打を放った矢吹栄希(はるき)(2年)は「3年生への思い入れが強すぎる。3年生との夏が終わるのが悲しい」と無念の結末に涙をにじませた。

 佐藤晃一(3年)の同点本塁打の後、代打小泉徹平(同)の左前打をきっかけに1死二、三塁の好機が巡ってきた。打席に立った矢吹は、広陵の平元銀次郎(同)が投じた6球目。「来た球になんとしても食らいつく」。ひざ下に落ちていくスライダーにバットを出し、内野の間を抜いた。

 「徹平さんが出した走者を絶対にかえす」と闘志を燃やし臨んだ打席だった。正二塁手の座を争った小泉は昨年の甲子園メンバーで、矢吹にとってライバルであり、憧れの先輩。「守備を磨かないと二塁のレギュラーにはなれない」と実感し、冬場から夏の福島大会直前まで、控えの3年生にノックを志願し練習を重ねた。嫌な顔をせずに付き合ってくれた先輩のおかげで力を高めることができた。

 努力が実り春先に正二塁手に定着した時には「守備のリーダーとして頑張れ」、甲子園に乗り込む前には「お前が打てなくても俺が後ろにいる。心配するな」と小泉から激励を受けた。先輩の支えのおかげで、グラウンドで躍動できた。

 先輩への感謝を胸に、一日でも長く3年生と過ごしたい一心で夏を駆け抜けた。「経験を仲間に伝え、もう一度日本一を目指す」。悔し涙を流した先輩の意志をしっかりと胸に刻んだ。

 【8月19日の聖光学院・試合結果】全国高校野球選手権大会

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る