23日・決勝戦「夏の甲子園」 初優勝狙い「広陵vs花咲徳栄」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第13日は22日、準決勝が行われ、23日の決勝は広陵(広島)―花咲徳栄(埼玉)の顔合わせとなった。広陵は準優勝した2007年以来10年ぶり、花咲徳栄は初の決勝進出で、ともに初優勝を狙う。

 広陵は中村が一回の2ランに続き、5回には清原(PL学園)が持つ大会記録を更新する今大会6号本塁打を放つ活躍で12―9と天理(奈良)に打ち勝った。花咲徳栄は9回に同点とされたが、延長11回に高井の2点二塁打などで勝ち越し、9―6で東海大菅生(西東京)を下した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る