夏の甲子園・地方大会「タイブレーク」 13回無死一、二塁から

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本高野連は10日、今春の選抜大会から導入することが決まっているタイブレークを、夏の全国選手権大会や地方大会でも一律に採用することを決めた。延長13回無死一、二塁から開始し、試合の決着がつくまで繰り返す。決勝だけは延長15回まで行い、同点の場合は引き分け再試合(再試合ではタイブレークを適用)とする。全国大会から都道府県大会まで、ほぼ全ての公式戦でタイブレークが実施されることになる。

 県高野連の小針淳理事長は「(タイブレーク導入について)さまざまな意見はあるものの、じっくりと検討を重ねた結果だろう。全国一斉の導入であれば不公平も出ない。指導者講習会などを通じて周知していく」と語った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手