第100回・甲子園での活躍誓う 母校で聖光学院ナイン優勝報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
優勝を報告するナイン

 第100回全国高校野球選手権大会に出場する聖光学院の出場壮行会・福島大会報告会は24日、伊達市の同校で開かれ、ナインが甲子園での活躍を誓った。

 生徒や教員らが拍手で迎える中、ナインが入場した。横山博英部長が優勝を報告。斎藤智也監督が「勝ちたいという思いを超えて、やるべきことに集中する」、主将の矢吹栄希(3年)が「一戦一戦、死にものぐるいで戦う」と決意を語った。新井秀校長らが激励の言葉を述べた。

 ナインは25日、本格的な練習を再開する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる