「甲子園全力で」 聖光学院主将ら来社、福島民友新聞が激励金

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
五阿弥社長から激励金を受ける斎藤監督(左から2人目)、矢吹主将(同3人目)、新井校長(同4人目)、横山部長(右)

 第100回全国高校野球選手権記念福島大会で優勝した聖光学院の矢吹栄希主将(3年)は25日、優勝報告と、夏の甲子園出場あいさつのため福島民友新聞社を訪れた。

 新井秀校長、斎藤智也監督、横山博英部長と訪れ、斎藤監督は「準決勝のいわき海星を警戒していた。接戦になり勉強になった。決勝では持てる力を出し切ってくれた」と振り返った。

 矢吹主将は「最後の夏になる。一瞬一瞬全力で戦いたい」と意気込みを語った。  甲子園での活躍への期待を込め、福島民友新聞社の五阿弥宏安社長が斎藤監督に激励金を手渡した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手