聖光学院・星が執念の「同点打」 報徳学園エース攻略し3安打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【報徳学園―聖光学院】6回裏聖光学院無死一、三塁、星が中前適時打を放ち同点に追いつく

 仲間がなかなか攻略できない投手が相手の時こそいつも力を発揮するのが、星歩志(あゆむ)(3年)だった。「なんとか後ろにつなぎたい」。聖光学院の6番打者の執念が6回の同点打を生んだ。

 報徳学園の左腕エース渡辺友哉(同)を攻略できず、中盤まで1点を追いかける展開。昨秋の明治神宮大会初戦の創成館(長崎)戦と同じような流れだった。打線がつながらず攻撃の糸口がつかめない。そんな中で星は、チーム最多の3安打と活躍した。

 この日も星が危機を救う。6回の第3打席。4番須田優真(同)と5番五味卓馬(同)が連打でつないだ同点の好機に、4球目の直球をセンター方向にはじき返す。「思ったよりも球速がある」。相手投手の球筋を読み切った結果だった。星は三走須田の生還を確認すると、一塁上で力強いガッツポーズを見せた。

 8回にも安打を放ち、あの試合と同じチーム最多の3安打。しかし、最後まで1点差を逆転することはできなかった。「悩んで苦しい時もあったが、この仲間とやれてよかった」。試合後、敗戦にむせび泣くナインの中で、星は気丈に振る舞った。選抜大会の大敗から雪辱を誓い、戻ってきた甲子園の舞台。すべてを出し尽くす覚悟で臨んだナインにとって、早すぎる夏の幕引きだった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる