力投エース支えた女房役・大松「衛藤を勝ち投手にしたかった」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【報徳学園―聖光学院】2回表報徳学園1死三塁、飛び出した三走堀尾を挟殺する捕手大松

 聖光学院の捕手大松将吾(3年)は、相手走者の生還を阻止するなど好守を見せたものの、攻撃面では「消極的になってしまった」と、チームの好機を広げられなかった自らのミスを悔やんだ。

 4回の打席。安打で出塁した星歩志(あゆむ)(同)を一塁に置き、バントを試みたが打球は無情にも浮き上がり捕飛。6回にも無死一、二塁でバントの構えを見せたが、追い込まれ、結局は三振に倒れた。

 「(バントを)決めなくてはならないという気持ちが強すぎ、うまくいかなかった」と大松。報徳打線を相手に力投するエース衛藤慎也(同)の女房役として粘りの投球を支えたが、攻撃ではチームに流れをつくれなかった。最後は目を赤く染めながら、「(衛藤を)勝ち投手にしたかった」と思いを口にした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる