「選抜高校野球大会」20日開幕 出場32校が熱戦へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第88回選抜高校野球大会は20日、甲子園球場で開幕し、出場32校による12日間(準々決勝翌日の休養日を含む)の熱戦が始まる。開会式は午前9時から行われる。

 19日は開会式のリハーサルを実施。前日からの雨の影響でグラウンドが使用できず、屋根のあるバックネット裏で各校の主将が臨んだ。入場行進曲に選ばれた西野カナの「もしも運命の人がいるのなら」に合わせ、前回大会で北陸に初めて優勝旗をもたらした敦賀気比(福井)の林中勇輝主将を先頭に、札幌第一(北海道)から鹿児島実まで北から南の順に歩いた。21世紀枠で初出場する小豆島(香川)の樋本尚也主将は選手宣誓の予行演習をした。

 開会式の司会は藤井翔也さん(広島・福山誠之館高)と松永裕太郎さん(長崎・諫早農高)が担当し、間聖次朗さん(東京・総合芸術高)と三好優夏さん(香川・坂出高)が君が代を斉唱する。

 開会式後の第1試合は福井工大福井と智弁学園(奈良)が対戦する。