史上初の大阪勢決勝!大阪桐蔭制す センバツ、履正社に8―3

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第89回選抜高校野球大会最終日は1日、甲子園球場で履正社―大阪桐蔭の史上初の大阪勢同士による決勝が行われ、大阪桐蔭が8―3で勝ち、5年ぶり2度目の優勝を果たした。大阪は愛知に並ぶ10度目の選抜制覇。3年ぶりに決勝に進んだ履正社は、春夏通じての初優勝を逃した。

 大阪桐蔭は1回、藤原の先頭打者本塁打で先制する。8回に先発の徳山が4長短打を浴びて追い付かれたが、9回は代打西島の2ランなどで5点を挙げて勝ち越し、春夏通算50勝に優勝で花を添えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」