センバツ出場校は4校増「36校」 90回大会、東北1枠増『3』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 日本高野連は5日、大阪市内で選抜高校野球大会の運営委員会を開き、来春の第90回記念大会の出場校を例年より4校多い36校とすることを決めた。一般選考が4校増の32校となり、21世紀枠は3校、神宮大会枠は1校で変わらない。

 一般選考の地区別の内訳は、北海道1、東北3、関東・東京6、北信越3、東海3、近畿6、中国3、四国3、九州4。

 今年の第89回大会と比較すると東北、北信越、東海が1枠増え、計5校が選出されていた中国・四国が各地区から3校選出されることになった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季高校野球福島県大会」開幕 センバツ出場へ29校が熱戦