矢吹主将「日本一目指す」 聖光学院ナインがセンバツ出場報告

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
出場への決意を述べる矢吹主将

 第90回選抜高校野球大会に出場する聖光学院ナインは15日、伊達市役所を訪れ、須田博行市長に出場を報告した。

 ナインは市職員から大きな拍手を受けて入庁。須田市長が「皆さんの活躍は復興への励みになる」と激励し、新井秀校長に激励金300万円を贈った。

 斎藤智也監督は「選手は一冬で体がたくましくなった。伸びしろを感じ、センバツが楽しみだ」とあいさつ。矢吹栄希主将は「期待に応えられるように、日本一を目指して大会まで精進したい」と決意を述べた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる