棚倉町出身・芳賀内野手センバツ活躍誓う 茨城・明秀学園日立

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
センバツへの意気込みを語る芳賀さん

 棚倉町出身で、明秀学園日立高(茨城県)2年の芳賀大成さんは今春の第90回記念選抜高校野球大会(3月23日開幕・甲子園)に出場する。19日、町役場に湯座一平町長を訪ねて出場報告し、大会での活躍を期した。

 湯座町長は「町に甲子園出場者がいることをうれしく思う」とあいさつ。芳賀さんは「自分の力を発揮し、一つでも多く勝ちたい」と決意を語った。

 芳賀さんは右投げ左打ちの二塁手。茨城県北地区大会、県大会、関東大会の計10試合のうち9試合に出場し、4割7分1厘の高打率を記録しており、センバツでも打線の中軸として活躍が期待されている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手