先輩ありがとうございます!松本さんが甲子園で戦う心構え伝授

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
トスバッティングのトスを上げる松本さん(右)

 聖光学院の練習に2年前の主将だった関西国際大の松本康希さん(19)が訪れ、練習を補助しながら選手を激励した。

 松本さんはトスバッティングの練習に付き添い、「憧れの舞台でも心を引き締めて戦うことが大切」と甲子園を戦う心構えを伝えた。「選手は技術面も精神面も成長している。甲子園で勝ち続けてほしい」と目を細めた。松本さんのトスを力強くネットに打ち込んだ川口堅(3年)は「現役のときから優しく指導してもらった。今でも自分たちを応援してくれてうれしい」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

終盤まさか...聖光学院初戦敗退 花巻東に10-12、連覇ならず