「センバツ」組み合わせ抽選方法決まる 甲子園・3月23日開幕

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の運営委員会が27日、大阪市内で開かれ、3月15日の組み合わせ抽選会の方法などが決まった。

 例年通り、同一地区の出場校同士は準々決勝まで対戦を避け、同一道府県の出場校は決勝まで顔を合わせないように振り分ける。大会中の再抽選は行わない。選手宣誓は出場32校の主将による抽選で決定する。

 3月18日から甲子園練習

 大会事務局は27日、甲子園練習の日程を発表した。3月18日から3日間行われ、18日は午後2時、19~20日は午前9時に開始する。各校に30分間が割り当てられ、球場の形状や雰囲気などを確認する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「春季高校野球東北大会」開幕 福島県代表3校が堂々入場行進