「ふたば未来」が公式戦初勝利 春季高校野球支部予選

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第68回春季東北地区高校野球県大会の支部予選は29日、県北、県南、会津、いわき、相双の5支部で計18試合が行われた。県南は学法石川と光南、会津は会津と若松商が準決勝を勝ち上がり県大会出場を決めた。

 県南は、学法石川が須賀川に11―1で快勝、相双は、ふたば未来が相馬農・双葉・新地に7―5で競り勝ち公式戦初勝利を挙げた。

 30日は県北、県中、県南、会津、いわき、相双の全6支部で計15試合が行われる。相双の決勝は、小高工と相馬が激突する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院が「2連覇」、日大東北の反撃ムード断ち切る 秋季高校野球県大会

民友セレクション