「春季高校野球福島県大会」対戦カード決定 出場28校熱戦へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第68回春季東北地区高校野球県大会の組み合わせ抽選会は9日、福島市で開かれ、出場28校の対戦カードが決まった。13日の開会式では福島商の片野光理主将(3年)が選手宣誓する。

 抽選会には各校の監督や部長が出席、代表者がくじを引いた。大会はあづま球場(福島市)をメインに信夫ケ丘球場(同)白河グリーンスタジアム(白河市)天狗山球場(同)の4会場で開催される。

 日程は前期が13~16日、後期が21~23日。開会式は13日午後1時30分から、決勝は23日正午から、それぞれあづま球場で行われる。
 上位3校は6月9~13日、岩手県で開かれる東北大会に出場する。

 聖光学院の攻撃力『健在』

 聖光学院は7連覇を目指す。予選4試合では計34得点を挙げるなど攻撃力は健在だ。

 斎藤智也監督は「得点力がある」と胸を張る。支部予選以降も他県の強豪校との練習試合を重ね、自信と経験を積み上げている。

 しかし投手陣については「まだ手探りが続いている」と仕上がっているとは言えない状態という。「バッテリーのレベルアップを図る。この大会でたたき上げたい」。夏を見据える王者の戦いぶりが注目される。

民友セレクション