「春季高校野球福島県大会」13日開幕 代表28校が激突へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
今大会の組み合わせを決めた抽選会=9日、福島市・あづま球場

 第68回春季東北地区高校野球県大会は13日、あづま球場(福島市)で開幕する。県内6支部の予選を勝ち抜いた28校が、同球場をメインに信夫ケ丘球場(同市)白河グリーンスタジアム(白河市)天狗山球場(同市)の4会場で熱戦を繰り広げる。

 開会式は13日午後1時30分から、あづま球場で行われ、福島商の片野光理主将(3年)が選手宣誓する。試合は前期が14~16日、後期が21~23日。決勝は23日正午、同球場で行われる予定。上位3校は6月9~13日、岩手県で開かれる東北大会に出場する。

 各校とも夏を見据えて戦う今大会。東日本大震災による中止を挟み春6連覇中で、昨秋の県大会も制した聖光学院と昨秋準優勝の学法石川が同ブロックに入り激戦が予想されるほか、小高工、会津、日大東北、磐城の各支部予選優勝校など実力校も上位を狙う。