東日大昌平、元プロ活躍の伊藤監督とともに上位を狙う

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 東日大昌平は、プロ野球巨人やダイエー(現ソフトバンク)で活躍した伊藤博康監督が就任してから、初の県大会。佐藤和喜主将(3年)は「支部予選で勝てなかった分、少しでも上を目指す」と雪辱を誓う。

 チームは新体制発足以降、班ごとに分かれて練習メニューを行い1人1人のプレー時間を長くするなど、県内初のプロ野球出身監督のもと、効率良くトレーニングを積み重ねているという。

 佐藤主将は「選手は同じ方向を向いている。一つ一つ勝っていきたい」。密度の濃い練習で得た自信を胸に、上位進出を目指す。