延長12回、相馬が会津工下す 後輩のために...秋元が殊勲打

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【会津工―相馬】延長12回表相馬1死二塁、秋元が決勝の左前適時打を放つ=信夫ケ丘球場

 相馬が会津工との延長12回に及ぶ熱戦を制した。

 「絶対に打ってやるから」。相馬の秋元謙伸(3年)はマウンドを託した後輩左腕に宣言していた。延長12回1死二塁で内角低めのカーブを左前に運び、宣言通り決勝点をたたき出した。

 6回1失点の秋元の後を受けた岩崎晃汰(2年)は会津工打線を封じ、味方の奮起を待ち続けていた。投手として同じ練習をこなす後輩の懸命な投球に、「先輩として決めなければならなかった」。決勝打は、先輩の思いが詰まった一打だった。

 「有言実行」の先輩の姿に、岩崎は「本当にかっこよかった」と目を輝かせた。試合後、「(宣言は)あまり覚えていない」と照れ笑いした秋元。先輩と後輩の絆が、チームを勝利に導いた。