平商、19年ぶり『春』勝利 磨いた集中力、大一番で発揮

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【平商―若松商】6回表平商2死二、三塁、勝ち越しの内野安打を放つ金成=天狗山球場

 好機を逃さず着実に得点を重ねた平商が粘る若松商を振り切った。

 19年ぶりにつかみ取った「春1勝」だ。昨年は春、秋とも届かなかった県大会の勝利に平商ナインは満面の笑み。主将の佐藤大悟(3年)は「一人一人が力を出し切れた」と喜びを爆発させた。

 岡田敦監督が「ベストゲーム」と振り返った試合は、主導権が両チームに揺れ動く展開。8回には1点差まで追い上げられたが、「落ち着いて投げよう」と先発大森匠(同)がテンポ良い投球を取り戻し、その後の反撃をかわした。

 校舎の改修工事に伴い、グラウンドは内野部分しか使えない中、努力を積み重ねてきた。九回には打者10人の猛攻で5点を奪い、「一球一球を大切に」という練習で培った集中力を大一番で発揮してみせた。

 本年度で退任する岡田監督に夏の勝利をプレゼントするのが、ナイン共通の思いだ。そのためにも「自分たちの野球で戦い抜き、夏への課題を見つけたい」と佐藤。次戦の相手は学法石川。強豪に立ち向かう。