小高工・蒔田、福商を完封 ピンチで直球『ズバリ』

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【小高工―福島商】7回2死満塁のピンチを切り抜け、ガッツポーズする小高工の蒔田=信夫ケ丘球場

 7回に均衡を破り2点を挙げた小高工が福島商との投手戦を制した。

 切れのある直球が要所で走った。小高工のエース蒔田達広(3年)は6回途中まで相手打線に安打を許さない投球内容。「しっかり調整してきた結果」と胸を張った。  

 7回、この試合で唯一とも呼べる2死満塁のピンチを迎えたが、「悔いが残らないように」と全て直球の真っ向勝負。内角低めに決めて相手打者から三振を奪うと、ガッツポーズとともに雄たけびを上げた。右肩の痛みもあり昨秋は背番号3を付け、中継ぎでの登板が続いた。まだ本調子ではないが、「エースナンバーを背負っている以上、ゼロで抑えたい」と背番号1の誇りをにじませた。

民友セレクション