そつなし磐城、相馬を破る エース・戸田が「二刀流」の活躍

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【相馬―磐城】6回表磐城1死、この日3安打目となる左前打を放つ戸田=あづま球場

 小技を絡めて好機をつくり、着実に得点を重ねた磐城が相馬を退けた。

 磐城のエース戸田開斗(3年)が、チームを2年連続ベスト4に導いた。「好きだけど得意ではない」と謙遜する打撃では3安打1打点。投げても9回を1失点に抑え、"二刀流"をほうふつとさせた。

 3回の第1打席は真ん中低めの直球を打ち損じたものの、打球は上空の風にあおられ左翼線に落ちる二塁打に。「無我夢中だった」という4回は右前に運んで3点目をたたき出すと、手応えがあったという6回は外角の直球を鮮やかに左前にはじき返した。

 3安打の活躍を「うまく打てた」と自画自賛したが、あくまで「本職は投げること」。東北大会を懸けた準決勝に向け、エースの自覚をのぞかせた。