日大東北が船引を破る 1年生・鈴木が「躍動」先制打

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【船引―日大東北】2回裏日大東北1死一、三塁、鈴木が先制の左前適時打を放つ=信夫ケ丘球場

 好機で着実に得点を重ねた日大東北が船引を破った。

 日大東北の鈴木大資(1年)は公式戦初出場ながら、先制打を含む3安打1打点の活躍。「つなぐ打撃をしようと思った。できすぎ」。あどけなさの残る笑顔で語った。

 先発を告げられたのはこの日の朝。思い切りの良い打撃を買われての抜てきだった。「かなり緊張した」と言いつつも、初球から果敢に振り抜き、その実力の片りんを見せた。

 一方、中学3年になってから練習を始めたという捕手としては「思うように動けなかった」と課題も残った。「投手が気持ちよく投げられる捕手になりたい」。期待のルーキーがさらなる成長を誓った。