日大東北...東北にあと一歩 「夏は勝つ」雪辱に向け闘志

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【日大東北―聖光学院】3回表聖光学院1死一、二塁、マウンド上の磯上に声を掛ける日大東北の捕手細野(左)

 2年ぶりの東北大会にあと一歩、及ばなかった。日大東北の捕手細野颯(3年)は悔しさで涙を流す磯上海大(2年)のもとに駆け寄り「よく頑張った」とエースをねぎらった。

 「磯上だったから、ここまで戦えた」。聖光学院を相手に先発出場唯一の2年生が粘りの投球を見せていただけに、「3年生が点を取ってやりたかった」と細野。エースを援護できなかった打線を悔やんだ。

 だが、夏10連覇を狙う宿敵との直接対決で課題は見えた。「夏は勝つ」。投手陣をリードする女房役は雪辱に向け、闘志を燃やした。