磐城、主砲が意地の一打 4番・草野「絶対にかえしたかった」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【光南―磐城】9回裏磐城1死満塁、右前へ2点適時打を放つ草野

 6点を追う最終回、磐城打線が光南投手陣に襲いかかった。「流れは必ず来る。その時が勝負」と信じていた4番草野隼人(3年)は1死満塁から右前適時打。「絶対に(走者を)かえしたかった」。主砲の意地の一打だった。

 「草野が打った。俺もつなぐ」。主砲に刺激を受けたのが5番山野満輝(3年)と6番大西真平(同)だった。山野が右前適時打で更に1点を追加すると、大西も左前打でつなぎ、なおも満塁の好機。3連打で"逆転"を予感させる3点差に迫ってみせた。

 中学軟式野球の選抜チーム「いわき松風クラブ」出身の3人はそれぞれを「特別な存在」と認め合う。「夏に向け、東北大会は優勝を狙う」。3人の力で"夏の磐城"復活を誓った。