聖光学院・磯辺、2安打2打点 「もっと点取りたかった」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―花巻東】5回表聖光学院1死二塁、先制の右前適時打を放つ聖光学院の磯辺

 2安打2打点と気を吐いた磯辺伶也(3年)。勝利は逃したが、「チームの役に立てたことはうれしい」と振り返った。

 得点を挙げた場面は、いずれも鈴木駿輔(同)が出塁し、門井泰寿(同)が犠打で送ってつくり出した。9回にも同じ形で打席が回ってきたが、外角のチェンジアップを打ち上げて凡退。その裏に待っていたのがサヨナラの悪夢だった。

 けがのためメンバーを外れた西川将也(同)に代わり背番号3を付けて臨んだ今大会は、2回戦でも2安打の活躍。「『西川のために』という思いがあった。もっと点を取りたかった」。磯辺は夏の福島大会に向け、さらなる成長を誓った。

民友セレクション