「春季高校野球福島県大会」12日開幕 各支部代表・28校激突

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第69回春季東北地区高校野球県大会は12日、あいづ球場(会津若松市)で開幕する。同球場をメインに鶴沼球場(会津坂下町)ヨーク開成山スタジアム(郡山市)の3会場で熱戦を繰り広げる。

 開会式は12日午後0時30分から、あいづ球場で行われ、会津農林の志賀省吾主将(3年)が選手宣誓する。

 試合は前期が12~15日、後期が20~22日。決勝は22日正午、あいづ球場で行われる予定。上位3校は6月8~12日、宮城県で開かれる東北大会に出場する。

 各校とも夏の大会を見据えた前哨戦。昨夏甲子園で8強入りし、昨秋県大会を制した聖光学院と昨秋準優勝の日大東北、昨秋3位の学法石川が同ブロックに入り、激戦が予想されるほか、郡山、会津工、いわき光洋、相馬の各支部予選優勝校など実力校も上位を狙う。

 【 組み合わせ 】春季東北地区高校野球「福島県大会」

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場