猛打12点!須賀川桐陽快勝 加藤がランニング本塁打含む6打点

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【須賀川桐陽―福島成蹊】2回表2死一、二塁、左中間を抜ける適時打を放ち、ランニング本塁打を決める加藤=あいづ球場

 須賀川桐陽は10安打の猛攻で、福島成蹊に12―1の5回コールドで勝利した。

 ランニング本塁打を含む6打点の活躍でチームに勝利を呼び込んだ須賀川桐陽の加藤陽生(3年)は「実力以上。みんなに打たせてもらった」とナインの後押しに感謝した。

 2回2死一、二塁で回ってきた好機の場面。狙い球の直球をはじき返すと打球は左中間を抜けて長打コースに。三塁ベース付近で一度は止まったが、本塁で呼ぶ仲間を信じて頭から滑り込み、開幕戦で大会第1号の本塁打を記録した。

 チームは普段の生活がプレーに表れると、あいさつや礼儀などを徹底する。球場ではごみ拾いを欠かさないという加藤は公式戦初の本塁打とチームの勝利に「野球の神様が見ててくれたのかな」と顔をほころばせた。