光南、3投手継投で福島に5-1快勝 橋本が会心の「先制弾」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【光南―福島】2回表無死、先制の中越え本塁打を放ちホームを踏む光南の橋本(右)=ヨーク開成山スタジアム

 先制した光南が3投手の継投と終盤の追加点で、福島に5―1で快勝した。

 薄曇りの空を切り裂くようにライナー性の打球がスタンドに突き刺さった。2回、光南の先頭打者、橋本拓也(3年)は「自信のある球を続けると思った」と、福島の本格派左腕大内遼河(同)が2球連続で投じた直球を逃さず、真芯で捉えた。「気持ちよかった」。橋本は右腕を高々と突き上げてダイヤモンドを駆け抜け、チームに勢いをもたらした。

 昨秋は背番号10で控えに回った。思うように結果が出ないもどかしさを味わう中で「気持ちの起伏があってはだめ。元気よくプレーすることがチームのため」とムードメーカーとして欠かせない存在に成長。この日の一発に渋谷武史監督は「気持ちは甲子園級の選手。だからあの一本でチームが乗った」とたたえた。

 新チームでは県大会初勝利。「この1勝を勢いに、優勝したい」。いまは背番号7を背負う橋本が、チームを上昇気流に乗せる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる