9回鮮やか逆転!学法石川『底力』 会津に2-1、接戦を制す

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法石川―会津】9回表1死二塁、逆転の適時三塁打を放つ学法石川の藤田=あいづ球場

 9回に逆転した学法石川が会津との接戦を2―1で制した。

 鮮やかな逆転劇で初戦を突破した。学法石川の主将佐伯里空(3年)は「8回にチャンスをつくったことが9回の逆転につながった」と終盤でも慌てない強豪校の底力を見せつけた。

 走者を塁に出すがあと1本が出ない苦しい展開。八回には満塁の好機をつくり代打攻勢に出たが得点が奪えなかった。悪いムードが漂うかに見えたが、9回、3本の長短打で試合をひっくり返した。逆転の一打を放った藤田航輝(3年)は「もう9回という気持ちだったが、狙いは決まっていた」と後がない場面でも冷静に狙い球のスライダーを完璧に捉えた。

 昨春は準々決勝で聖光学院に敗れた。佐伯は「(今後も)いい勝負をしていきたい」と雪辱に燃える。