聖光学院・佐藤晃、納得2ラン 田村は初回の好機生かせず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【田村―聖光学院】4回表聖光学院2死二塁、左翼席に本塁打を放ち、ベンチ前で仲間とハイタッチする佐藤晃(左)=ヨーク開成山スタジアム

 聖光学院は2回の8得点など打線が爆発、田村をコールドで退けた。田村は1回の好機を生かせず、投手陣も痛打された。

 瞬く間に打球がスタンドに消えた。聖光学院の8番佐藤晃一(3年)は大量9点リードで迎えた4回、2死二塁の場面で低めの直球を振り抜き、駄目押しの2点本塁打。「体を開かずにうまく打てた分、打球が伸びた。感触が良かった」と本人も納得の一打だった。

 昨秋は「うまく力を伝えられず、打球にもうひと伸びがなかった」と佐藤。何かがかみ合わないもどかしさを振り払うため、冬場にバットを振り続けた成果がこの日の一発につながった。

 しかし佐藤にとって現時点はあくまで通過点。「自分を成長させる大会にしたい」と前を見据えた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」