聖光学院と学法石川激突、20日に準々決勝 春季福島県大会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第69回春季東北地区高校野球県大会第6日は20日、あいづ球場(会津若松市)と鶴沼球場(会津坂下町)で準々決勝4試合が行われ、後半戦が始まる。準決勝は21日、決勝と3位決定戦は22日にあいづ球場で行われる。上位3校は6月8~12日、宮城県で開かれる東北大会に出場する。

 準々決勝では昨秋の県大会優勝校聖光学院が同大会3位の学法石川と激突。春の大会連覇を狙う光南は2試合で計23得点と打線が好調な福島東と対戦する。県中支部優勝校を破った須賀川桐陽はいわき支部優勝校いわき光洋との一戦に臨む。

 好投手を擁する須賀川は2試合連続完封勝利の東日大昌平と対決する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」13日開幕 福島県勢3校、センバツへ闘志