いわき光洋、須賀川桐陽に競り勝つ 波立が犠飛、失策を挽回

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【須賀川桐陽―いわき光洋】8回裏いわき光洋2死満塁、逆転の犠飛を放つ波立=あいづ球場

 少ない好機をものにしたいわき光洋が須賀川桐陽に4―3で競り勝った。

 8回に逆転の犠飛を放ったいわき光洋の波立翔太(3年)。「打撃で取り返さないといけない一心だった」と失点につながった失策を挽回した。

 左翼手の波立は6回、飛球の目測を誤り、後方にボールを落とし、得点を許した。チームは直後に同点に追い付いたが、接戦の中での手痛いミスに強く責任を感じていた。同点で迎えた8回、無死満塁の好機。飛ばすことよりバットに当てることに集中し、これまで抑え込まれていた速球を捉え、借りを返した。

 汚名返上の一打に「最低限の仕事ができた」と波立。「次はこういう場面で安打を打ちたい」と準決勝を見据え、表情を引き締めた。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

学法石川男女陸上部「結果出すだけ」 全国高校駅伝へ意気込み