初登板・鈴木が力投「得たもの大きい」 福島東、3位決定戦へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわき光洋―福島東】延長10回表いわき光洋1死一、二塁、ピンチを迎えマウンドに集まる福島東ナイン

 「この試合で得たものは大きい」。県大会初登板の福島東の先発鈴木優輔(2年)は、敗れはしたもののエースの代役を務めた投球に胸を張った。

 チームは支部予選から接戦を制してきた。ここまでエース三浦睦記(3年)が一人で投げ抜いてきたが、疲労で腕が振れず、準決勝のマウンドは鈴木に託された。三浦から「必ず抑えてこい」と気合を入れられた鈴木。速球で真っ向勝負を挑み、初回こそ1点を奪われたものの、その後は6回まで0点に抑えた。

 しかし後半、球威が落ちた。「最後まで力が持たずに悔しい」と悔しさを口にした鈴木。「先輩を助けられる投手に成長したい」と誓った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる