いわき光洋主将・園部が一矢報いる3ラン 東北大会で雪辱誓う

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【いわき光洋―聖光学院】3回表いわき光洋無死一、二塁、追撃の3ランを放つ園部

 3回に一矢報いる3ランを放ったいわき光洋の主将園部佳太(3年)は「声は出ていたが、他にいい部分が出せなかった」と敗戦を振り返った。

 チームが目指すのは「県の『てっぺん』」。準優勝で東北大会出場を決めたが、スコアでは18失点と聖光学院に完敗。県大会優勝を目指してきたいわき光洋ナインに笑顔はなかった。

 園部は「走者を出してから踏ん張れるかが今後の課題。(東北大会では)強いチームから技術を学び取りながら、目の前の一戦を戦いたい」と東北大会での活躍を誓った。雪辱に燃えるいわき光洋ナインは、さらなる高みへと進化を図る。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる