9回...あと一歩「勝てると思った」 福島東ナイン雪辱の夏へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【福島東―東日大昌平】9回裏福島東1死一、三塁、1点差に迫る2点適時二塁打を放つ石川

 今大会幾度となく接戦をものにしてきた福島東。反撃及ばず、東北大会の切符をあと一歩のところで逃した。「勝てると思った」と福島東の捕手石川偉央里(2年)は悔しさをにじませた。

 三浦睦記(3年)、千葉洋和(同)の投手陣がピンチを迎えると「いつも通り投げれば大丈夫です」、「頑張りましょう」と声を掛け鼓舞した。「投手を生かすも殺すも自分次第」と責任感を口にする。

 2年生ながら打順は4番に座る。9回に反撃の適時二塁打を放った石川は「4番にしてもらったからには打つ」と覚悟を決めて打席に臨んできた。実直に野球に向き合う2年生は、先輩たちと雪辱の夏に向かう。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ監督が『トークバトル』 最重要ポイントは「5区」