初戦突破!東日大昌平猛攻 大船渡東撃破、4番・柳葉が3安打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【大船渡東―東日大昌平】7回裏東日大昌平1死三塁、梨本のスクイズで生還し、ベンチでハイタッチを交わす三走柳葉=仙台市民球場
1回戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
大船渡東
0
2
0
0
0
0
0
0
1
3
東日大昌平
1
0
2
0
2
1
1
0
X
7

 13安打7得点と相手投手陣を攻略した東日大昌平が大船渡東を撃破した。

 「チームのための打撃を意識できた。勝てて良かった」。東日大昌平の主砲柳葉潤(ひろ)(3年)は晴れやかな表情で勝利を振り返った。

 二塁打2本を含む3打数3安打の活躍。直球に狙いを絞り、5回にはあと一歩で本塁打という右翼フェンス直撃の二塁打を放った。

 1点を追う3回の場面。2死二塁の好機から冷静に四球を選び、5番伊藤未来(同)の逆転2点適時打につなげた。柳葉は「ボール球は意地でも振らない。何が何でも出塁する」と自分の役割を自覚する。

 昨秋までは伊藤博康監督の期待に応えようと思うあまり「自分が打たなきゃ」と強引な打撃をして、凡退することが多かった。

 悩める主砲を救ったのは共に甲子園を目指す仲間の存在だ。柳葉は「自分が打てなくても、伊藤や梨本優(同)が打ってくれる。頼りになる存在がいるから気負わず打席に入れる」と4番として打席に入る際の心境の変化を語った。

 次戦は強豪日大山形(山形第1代表)との一戦。「対戦が楽しみ。昌平らしいつなぎの野球を見せたい」と闘志を燃やす柳葉。頼れる仲間の存在で重圧から解き放たれた主砲が、東北の舞台で躍動する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「全国都道府県対抗駅伝」上位入賞誓う 福島県選手団・結団式