聖光学院、初戦で涙...仙台育英に1-3 先発・黒金「悔しい」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【聖光学院―仙台育英】4回途中まで2失点だった聖光学院の先発黒金=仙台市民球場
2回戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
仙台育英
0
1
0
1
1
0
0
0
0
3
聖光学院
0
0
0
0
0
0
0
1
0
1

 聖光学院は昨秋の東北大会準決勝の雪辱を果たせず初戦で仙台育英に1―3で敗れた。

 相手は昨年秋の東北大会準決勝で敗れた仙台育英。雪辱を期す聖光学院の先発マウンドには下手投げ右腕黒金優士(3年)の姿があった。斎藤智也監督は「黒金は急に台頭してきた。目先を変えようと思った」と起用した理由を明かす。

 公式戦初登板の黒金。先発は試合当日に言い渡されたが、「前日の練習の段階で初戦を任されるかもしれないと意識していた」と話す。初回、仙台育英の先頭打者西巻賢二(3年)=会津若松市出身=に死球、二番鈴木佳祐(2年)に中堅前に運ばれいきなりのピンチ。だが、「打たれる前提で試合に入っていったので、落ち着いて投げられた」。主軸を6球で凡打に打ち取り、無失点で切り抜けた。

 だが、2回には先頭打者に四球を与え、犠飛で先制を許した。「細かい制球がない。四死球があったのは良くなかった」と反省する。一方で「高めの直球でフライを打たせたのは良かった」と手応えも感じた。

 4回途中でマウンドを降りた黒金。「自分が投げた試合でチームが負けてしまうのが何よりもつらい。夏に向けて、制球を磨く」。最後の夏に向け、この悔しさを乗り越え成長を誓う。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る