いわき光洋、初の東北「8強」 猛打8点、久慈を7回コールド

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【久慈―いわき光洋】初戦突破をコールド勝ちで決め、応援スタンドに駆けだすいわき光洋ナイン=石巻市民球場
2回戦
1
2
3
4
5
6
7
8
9
久慈
0
1
0
0
0
0
0
1
いわき光洋
0
0
0
1
4
1
2x
8
(7回コールド)

 第64回春季東北地区高校野球大会第2日は9日、仙台市民、石巻市民両球場で2回戦6試合が行われ、本県第2代表のいわき光洋と第3代表の東日大昌平がそれぞれベスト8進出を決めた。春の東北大会8強入りは、いわき光洋が初で、東日大昌平は7年ぶり2度目。

 いわき光洋は石巻市民球場で岩手第2代表の久慈に8―1の7回コールド勝ち、東日大昌平は同球場で山形第1代表の日大山形を3―0で下した。本県第1代表の聖光学院は仙台市民球場の第1試合で宮城第3代表の仙台育英に1―3で敗れた。

 第3日の10日は石巻市民球場と利府町中央公園野球場で準々決勝4試合を行う。いわき光洋と東日大昌平は石巻市民球場の第1試合(午前10時開始予定)で対戦する。

 いわき光洋、下位打線が奮起

 合言葉は「下位打線で1点」。2年ぶりの東北大会をコールド勝ちで初戦突破したいわき光洋。主砲が打てなくても下位打線が奮起し、チームは初の東北8強の座をつかんだ。

 序盤は得点圏に進めず、頼みの中軸もフライやゴロに倒れる悪い展開だった。チームの主砲園部佳太(3年)が四球で歩かされた5回には嫌な流れを7番軽部真生(同)が打開した。軽部は狙い球のスライダーを左前に打ち返し、2点をもぎ取った。

 下位打線に引っ張られるように中盤以降は打線が復活。「(園部のような)ホームランは打てないが打線をつなぐことはできる」と軽部。捕手として守備の役割が大きいが、下位打線だからこそ打撃面で貢献しなければと誓い、毎朝素振りをしてきた。その成果が大舞台でチームに流れをもたらした。

 準々決勝では東日大昌平との県勢対決に臨む。「負けられない」と闘志を燃やす軽部。大勝の勢いに乗り、東北の頂点に一気に駆け上がる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、悲願の「秋季東北」初V 決勝・花巻東を6-4破る