ふたば未来が4強 春季高校野球支部予選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第70回春季東北地区高校野球県大会の支部予選は28日、県北、いわき、相双の3支部で計8試合が行われた。

 県北は、福島北が橘を8―5、福島成蹊が安達を10―3で破り、ともに準決勝に進出を決めた。

 いわきは、いわき光洋と磐城がコールド勝ちで準決勝に進む。

 相双は、ふたば未来が12―0の5回コールドで相馬農を下して準決勝に勝ち上がった。    29日は4支部で14試合が行われる予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

箱根駅伝へ4監督が『トークバトル』 目標順位やキーマン選手