福島成蹊が県北初V、相双2試合順延 春季高校野球支部予選

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 第70回春季東北地区高校野球県大会の支部予選は4日、県北、県中、会津、いわきの4支部で9試合が行われ、県北支部で福島成蹊が初優勝した。同支部の福島東、橘と県中の安積、会津の会津工と会津農林、いわきの湯本、勿来工が県大会出場を決めた。

 雨のため相双支部の2試合が順延になった。5日は4支部で8試合が行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる