投手戦は光南に『軍配』 完投の小椋「エースナンバーは重い」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【喜多方―光南】完投した光南の小椋=ヨーク開成山スタジアム

 光南が2―1で喜多方との投手戦を制した。

 要所を締め、被安打8の1失点で完投した光南の小椋瑠偉(3年)。「マウンドでは打たれた印象がそれほどなく、8本打たれたことは、試合が終わってから知った」と、淡々と試合を振り返る。

 1点差の8回表2死二塁、一打同点の場面で、打席には投げ合いを続けた喜多方の4番伊藤茉央(同)。「徹底して外角を攻めた」。1ストライクから5球続けてファウルで粘られたが、最後は外角にカーブを投じ、つられてバットを出した伊藤を三振に仕留めた。

 昨秋から背番号「1」を背負い「エースナンバーは重い」と謙遜しながら、「チームに貢献できるよう、一勝ずつ積み重ねたい」と静かに闘志を燃やした。

 【5月20日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第3日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場