接戦!光南に軍配「気持ちで負けなかった」 橋本が勝ち越し打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【東日大昌平―光南】9回表光南2死一、二塁、勝ち越し打を放つ橋本=ヨーク開成山スタジアム

 光南が中盤から得点し5―4で東日大昌平を下した。

 「気持ちで負けなかった」。光南の橋本宇透(たかと)(3年)は、接戦に終止符を打つ殊勲の一打を放った。

 1点差を追い付き、同点としてなお好機の9回2死一、二塁。緊張が高まる場面で伝令の鈴木和之(同)から「冷静に」と声を掛けられ落ち着いて打席に立った橋本。フルカウントからの6球目を中前に運び、勝ち越し点を挙げた。

 光南は普段から、無死走者なしで3点差を逆転する場面を想定した練習に取り組んできた。「強い気持ちでいられた」と、ここ一番で練習の成果を発揮。「目の前の一戦をしっかりと戦って、東北大会につなげたい」と先を見据えた。

 【5月21日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる