聖光学院・須藤、デビュー『ほろ苦』 3死球「情けない投球」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 聖光学院が長打を絡めた集中打で白河を6―2で振り切った。

 「持ち味が出せず情けない投球になってしまった」。公式戦で初登板した聖光学院の2年生左腕、須藤翔は試合結果とは裏腹に自身の投球を反省した。

 先発した上石智也(3年)からマウンドを引き継ぎ、5回に登場した。今大会に向けて緩急やコースへの投げ分けを磨き、特に打者のひざ元をえぐる内角攻めに力を入れてきたが、試合では3死球と制球が定まらず、被安打6で2失点。「修正できた部分もあるが、まだまだ」と課題を口にした。

 フライアウト11個と打撃陣も振るわず、斎藤智也監督は「求めている野球にはほど遠い」と厳しい表情を浮かべた。

 【5月21日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第4日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる