聖光学院、学法石川を圧倒!5回コールド 先発全員安打の猛攻

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【学法石川―聖光学院】公式戦初登板で好投した聖光学院の川口=ヨーク開成山スタジアム

 聖光学院は投打がかみ合い、学法石川に11―1で5回コールド勝ちした。

 聖光学院は、公式戦初登板の先発川口堅(3年)の快投と先発全員安打の猛攻で学法石川を圧倒。「初回で流れができたのは大きかった。久しぶりに勢いがあった」と、普段は辛口の斎藤智也監督もこの日は選手たちをたたえた。

 初回から打者一巡の猛攻で7点を挙げ、毎回得点で4回までに11点。援護を受けた先発川口は落ち着いた投球で、変化球を低めに集め5回を被安打4の1失点に抑えた。「(学法石川は)初球から振ってくる印象があった。気合を入れて攻めた」と振り返る。

 初戦は投打に精彩を欠いたが、今回は新戦力も力を見せた。「チーム状態が悪く大量失点も覚悟していた。5回での決着は予想外」と斎藤監督。前年王者がようやく目を覚ました。

 【5月26日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

聖光学院、初戦「惜敗」 夏の甲子園、報徳学園に2-3敗れる