磐城、中盤一気「7点」 小高産技に8-1、長沼が勝ち越し打

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【小高産業技術―磐城】6回表1死一、三塁、勝ち越しの適時打を放った磐城の長沼=ヨーク開成山スタジアム

 磐城が6回に集中打で勝ち越し、小高産業技術に8―1で7回コールド勝ちした。

 背番号10をつけた「ラッキーボーイ」が6回の大量得点の口火を切った。「小山が頑張って投げていた。何が何でも勝ち越したかった」。勝ち越しの適時打を放った磐城の9番打者長沼陽也(はるや)(3年)は充実の表情を見せた。

 6回表、粘りの投球を見せていた小山泰生(同)が中前打で出塁、犠打と東谷樹(2年)の中前打で好機を広げると、長沼が外角低めの直球を右前に打ち返し、小山が生還。この後も打線がつながり、7点を挙げて一気に試合を決めた。

 2回の第1打席は1死三塁で三邪飛、4回の第2打席は1死一、二塁で二ゴロ。再三の好機をつぶしていただけに、「好機で打てて素直にうれしかった」と話す。打順は最終の9番打者だが、「どんな打順でも、打ちたい気持ちは変わらない」と語る。2回戦も4打数3安打と活躍。そんな長沼に木村保監督も「まさにラッキーボーイの登場だ」と目を細めた。

 準決勝は福島商との古豪対決。「大事なのは次。過信せずに準備したい」。そう自分に言い聞かせるように話す長沼が、静かに闘志を燃やす。

 【5月26日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第5日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

ハーフ男子39歳以下は中島が初出場V 野馬追の里健康マラソン