光南ナイン、悔しさをバネに 打線沈黙、反撃の糸口見いだせず

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
【光南―聖光学院】2回裏光南1死一塁、三振に倒れた鈴木択をベンチから見つめる光南ナイン

 接戦を制して勝ち上がってきた光南打線が沈黙した。散発3安打で反撃の糸口も見いだせず、無安打の主砲石井仁(3年)からは「悔しい。情けない」と厳しい言葉ばかりがもれた。

 聖光学院の左腕須藤翔(2年)の打たせて取る投球にはまり、打球は次々と守備陣の網に収まった。逆襲のきっかけをつかみたい石井だったが、4回の第2打席では三振を喫し「低めの変化球を見極められなかった」と肩を落とした。

 「打撃の質が違った。修正じゃなく、向上させないといけない」と渋谷武史監督。敗戦を糧に、さらなる成長を誓う。

 【5月27日の試合結果】春季高校野球福島県大会・第6日

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

「秋季東北高校野球」開幕 開会式、聖光学院が優勝旗携え入場